痛風予防のために検査を受けよう|尿酸の値を意識する

病院

初期症状を把握しよう

医者と看護師

世田谷ではリウマチにかかる人が増えてきています。世田谷だけでなく日本中でも患者が増加していて、約六十万人から七十万人程いると言われています。リウマチは自己免疫疾患の一つで、主に関節などに炎症が起こる病気です。炎症を放置しておくと関節が変形していき、自由に動かすことが難しくなってしまいます。リウマチの炎症は左右対称に起こる場合がほとんどです。一般的にリウマチは高齢者が発症するイメージがありますが、実は発症リスクの高い年代は四十代から五十代と言われています。また、男性よりも女性に多く見られます。世田谷にはリウマチを治療してくれる病院が数多くあるので、関節に異変を感じたらまずは受診してみると良いでしょう。病院を受診する前に初期症状を確認しておくことも大切です。初期症状としては、起床後一時間程こわばりが起こります。最初は小さなこわばりでも症状が進行すると徐々に関節の腫れなどが目立ってきます。また、病気の症状は左右対称に起こるので、両方の手に異変を感じたらリウマチを疑うべきです。現在、世田谷ではほとんどの患者が早期発見によって症状が改善しています。そのため病気の初期症状を知り、自分の体に耳を傾けることは大切なのです。
病院で行われる治療は主に薬物療法です。炎症を抑えるための薬を服用しながら症状の進行を食い止めます。病気の進行度合いや症状によって薬を変えていくので、副作用もなく使用できるでしょう。また、薬物療法と平行して日常生活を健康的なものに改善することも忘れてはいけません。