痛風予防のために検査を受けよう|尿酸の値を意識する

病院

自覚症状がない病気

看護師

肺がんは、近年患者数が増加している病期の一つです。年間約七万人の人が肺がんでなくなっていると言われています。また、肺がんは自覚症状がなく早期発見が難しいために気付かないうちに病気が進行してしまうのです。進行すると治療が難しくなってしまいます。肺がんを発症する原因として一番多いものが喫煙です。慢性的に喫煙をすることで肺が徐々に汚れていき、肺胞や気管支などの細胞ががん細胞に侵されてしまいます。一般的に喫煙者と非喫煙者では病気を発症するリスクには四倍以上の大きな差があります。肺がんは一度発症するとすぐにがん細胞が増加していき、体中の器官に転移していくので注意が必要です。転移が始まるとがんの進行を食い止めることが難しくなるので治療が長引く場合もあります。

肺がんの症状は重い咳や胸の痛み、息切れ、血痰などです。他にも声のかすれや顔のむくみなどもあります。肺門部と呼ばれる部位に癌ができた場合は、早い時期から咳などの症状が現れますが、肺野部にできる癌は遅い時期に症状が現れます。そのため、早期発見をするためには定期的にがん検診や人間ドックなどを受けるようにしましょう。また、他の病気で病院を受診した際に発見される場合が多い傾向にあります。早期に病気が発覚した時は手術療法が一番効果的だと言われています。場合によっては患者の年齢や症状の進行度合いを考慮しながら化学療法や放射線療法などの治療を組み合わせていきます。現在では、早期発見によって癌の転移が見られない場合、手術を行えば肺がんを治すことが可能なのです。