痛風予防のために検査を受けよう|尿酸の値を意識する

女医

暴飲暴食を控える

足先

仕事などで飲む機会の多い人は、痛風を発症する確率が高くなります。痛風は、血液中にある尿酸が固まることで起こる病気です。健康な状態なら排出される尿酸と体内で生成される尿酸がバランスよく釣り合っています。しかし、排出される量が少なくなると徐々に尿酸が体内に蓄積されていき、尿酸濃度が高くなっていくのです。お酒の飲み過ぎやプリン体を多く含む食材を食べ過ぎると発症します。発症した場合、骨折したような強烈な痛みが足の親指の付け根や関節などに起こります。発作が起こると靴を履くことや歩くことが難しくなってしまいます。また、自覚症状がなく突発的に発症することが特徴です。他にも、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を併発するリスクも高くなるので、しっかり予防する必要があります。
予防のためには定期的に検査を受けることが一番効果的です。医療設備が整っている病院の内科に行けばすぐに検査を受けられます。そこでは血液や尿の検査を行ない、尿酸値を測定します。そうすることで病気のタイプを調べられるのです。また、レントゲン検査で骨や関節に変形などの異常を調べる場合もあります。実はあまり知られていないことですが、病院に行かなくても、専用の検査キットを使えば自宅でも病気について調べられます。しかし、症状が進行している可能性もあるのでなるべくなら病院を受診したほうが良いでしょう。検査によって痛風が発覚したら、薬を服用しながら病気を治していきます。この時、バランスの良い食事と適度な運動も忘れずに行ないましょう。

初期症状を把握しよう

医者と看護師

世田谷ではリウマチを発症する人が増加しています。主な症状は関節の炎症による腫れや痛みで、放置しておくと指が変形する可能性があります。そのため、起床後こわばりなどがあればすぐに病院を受診するべきです。

詳しくはコチラ

自覚症状がない病気

看護師

肺がんを発症する人が年々増えてきています。自覚症状がなく、気づいたときにはリンパ節などに転移して完治が難しい場合がほとんどなのです。しかし検診などに行って早期発見できれば完治させることができます。

詳しくはコチラ

患者と病院をつなぐ窓口

医者

新宿の内科では、体内の臓器に関する診察を行ないます。場合によっては専門の診療科や病院を紹介してくれます。そのため、病院に通うときは気軽に相談できる内科医がいる病院を選びましょう。

詳しくはコチラ